2005年12月29日

NHKラジオ講座活用方法

 こんばんは。今日新しい携帯に機種変更しました。私はずっとVodafone(J-phone)を使っています。

 今回は着うたができるものにしました。さっそく洋楽の着うたサイトに行ってCiaraの「1 2 Step」 Beyonceの「Crazy in Love」をダウンロードしました。Chingyの「Holiday Inn」もあったのでダウンロードしたかったのですが、歌詞がきわどいのでやめておきました。すごくノリノリでメローディーはいいんですけど。。。

 さて本題です。

 昨日、NHKラジオ講座について話しましたが、その活用方法について私が実際やっていたことを書きたいと思います。

 @まずラジオを聞くまでテキストは見ません→目に頼らず耳を鍛えるため
 Aラジオを聞いている時は講師の言っていることをメモしたりダイアログに線を引いたりす  る→私は覚えたいフレーズに棒線、知らない単語に丸を打ち、その対となる訳に波線を引  いたりしました。
  *細かい説明や講師同士のsmall talkはCDには入っていないので注意
 Bその日覚えたい文を一文と単語を選びそれを暗記するようにする→別に2文でもいいし単  語を何個覚えてもいいのですが、私はめんどくさくなるので毎日1文・1単語だけにして  いました。
 C復習をします→ここでメモが役に立ちます。私は毎日復習は通学・通勤途中の電車でやっ  ていました。

 これと@番を変えた方法を時々することがあります。

 それは、ラジオを聞く前に日本語訳を見て、訳してみるのです。こうして英文を見て確認すると、こういう表現はこういう風に言えば英語らしくなるのかということが分かります。しかも一回頑張って自分で英訳を考えているので、身につくのも早いです。

こんな感じで勉強をすると無理なく勉強できると思います。覚えたフレーズが映画などに出てくるとうれしくなってしまいます。

私は昨日早速「ビジネス英会話」の1月号のテキストを購入しました。がんばるぞ!

今日の使える英語一言...「She's on my A list」(彼女はつき合いが悪い)…直訳すると「彼女は”A list"の中に入っている」。アルファベットのAは汚いですが「Ass」の略。いつ誘っても何だかんだ理由をつけて断ったり、ドタキャンしてばかりの人のことを言います。
posted by Lara Lara at 21:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

洋書をたくさん読もう!

 こんばんは。

 「Digital Forest」一応順調に読み進んでいます。510ページ中316ページまで読みました。電車の中でしか読んでいないので、ここまで15日かかりました。後2週間したら読み終わると思います。

 大体、本を1冊読むのに毎日電車で読んで1ヶ月かかります。

 しかし「Da Vinci Code」はすごく面白くて一気に1週間弱で読んでしまいました。
 
 これは家で毎日夜中まで読んでいました。よくベッドに入ったもののどうしても続きが気になって、また2−3時まで読んでいることがよくありました。

 1回夢中になって夜中読んでいるとだんなさんが起きて「大丈夫?どうしたの?」とびっくりしていたのを覚えています。

 前にも書きましたが、洋書を読むのは英語中級者以上であれば英語力を上げるのにとても重要です。中級者とは基本文法が理解でき、発音の基本もできている人です。

 洋書を読むと英語の文法構造、文構造、語彙・表現を理解する力がつきます。

 これらの力がつけばスピーキング、リスニングにつながっていきます。色々な文章を知っていればスピーキングでもそれを生かして色々な話題が細かいニュアンスを使い分けはなすことができるようになります。

 文構造が理解できると、英語を英語のまま理解できるようになり、リスニングのときにそれが役に立ちます。

 また語彙も文章単位で理解しているので、これが使える英語として生かされます。

 さて、本の選び方なのですが、

@洋書初心者の方はまず自分の知っている内容のものを選んでください。

私が洋書を読み始めたのは16歳のときです。Michael Ende著「The Never Ending Story」でした。これを選んだ理由は、Part1の映画を見たことがありストーリーを半分知っていたからです。映画がPart2もありましたが、そちらの方は見たことはありません。

最初は分からない箇所がよくありましたが、ストーリーを知っていたおかげで理解できなくても読み進めれ、そのうち慣れてきて知らないストーリーに入っても楽しみながら読めました。

A無理して難しいものは選ばず、辞書を引かずともなんとなく内容が分かるものを選んでください。

上級者に限りなく近い中級者の方はベストセラーになっているものがおススメです。一般大衆から支持されているので、内容が面白いし英語が比較的やさしいです。

 次に読み方です。

@家で読むときは音読、声が出せないときは頭の中で読む。感情をこめて読んでください。

これは、とても大事です。せっかく語彙力が上がっても読み方が分からず、聞いても分からなければ何も意味がありません。
発音・イントネーションが分からなければ辞書で調べてください。

一時期、私はこの方法をするといつも頭で読まないと読めなくなってしまうのではないかと悩んでいた時期がありましたが、実際TOEICの試験など速読が必要なものは自然に頭で読まず速読していました。

もし読まないと理解できないものがあるのであれば、それはその文章が皆さんにとってまだ難しいだけです。

日本語の文章でも複雑で難しい内容のものはしっかり理解するため必ず頭のなかで、知らないうちに読んでいるはずです。

この音読がスピーキングに必ずつながっていきます。

A速読の練習をしたければ、キーワードのみ辞書で調べ後は調べない。

キーワードですが読んでいけば、この単語が重要というのが自然に分かるので、それだけを調べてください。

B語彙力アップしたい場合は、自分の気が済むまで辞書で調べ読み進む。

皆さんもお気に入りの本を英語で読んでみてくださいね。

今日の使える英語一言...「What's up?」(どうしたの?)…挨拶にももちろん使いますが、電話などかかってきて、用件を聞きたいときに使います。
例)A: Hey, Mary. This is Anna.(メアリー?アナだけど)
B: Oh, hi, Anna. How's it going?(あ、アナ、元気?)
A: Good. Are you busy now?(うん。今忙しい?)
B: No. What's up? (ううん。どうしたの?)

posted by Lara Lara at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

TOEIC

 今日はTOEICのクラスがありました。このクラスはTOEIC500〜700を目指すものです。もっと細かくレベルを分けられるといいのですが、なかなかそこは難しいところです。

大学生の生徒が先週学校でTOEICを受けたのでどうだったか聞いてみました。

 あまり手ごたえがなかったそうです。リスニングが難しくそこでやる気が失せてしまったようです。

 TOEICは自分の思ったとおりできなくても気を持ち直して次の問題に行くことが大切です。その大学生の子は「メンタルの面の部分もどうにかしなくては」と言っていました。

 またリーディングも難しかったらしく、途中で集中力が切れてしまって、最後「早く終わらないかな」と考えてばかりいたそうです。でも時間内にすべて問題解き終わったのはすごい。

 私も集中力がありません。なのでTOEICのリーディングパートは最後から解きます。難しい問題を集中力が切れる前にやってしまい、集中力が切れた頃に文法問題を解き始めます。

 この順番の解き方をするときの注意点があります。

 TOEICで時間が足らない人は時間配分に気をつけてください。

 全て時間内に回答し終えるためには文法問題は一問30秒、長文は細かい設問一問45秒で解かなくてはいけません。

 後ろから解答するデメリットは時間配分に注意していないと長文に時間をかけすぎて他の問題にいつも以上に時間をかけれなくなってしまうということです。

 私の大学生の生徒の全体的なTOEICテストの感想がクラスで解いている問題より難しい問題が多かったと言うことです。

 このクラスの問題も難しいのですが、やはり500〜700点を目指すクラスなのでやはりそのレベルに合わせて多少簡単になっているのが正直なところです。

 このクラスより問題の難易度が顕著なのが400〜500点を目指すクラス。問題はやはりかなり簡単になっています。生徒さんの中で2ヶ月ほど前にクラスをスタートして今300点台の方がいるのですが、いつもクラスの最後に「こことここのパートを完璧にすれば他のパート勉強しなくても500点くらいとれるかな?」と言うので、いつも他の生徒さんと一緒に「こんな簡単な問題は本番で全くでないですから、ちゃんと全体的にバランスよく勉強しないとだめですよ。」と戒めています。

 ここで問題になってくるのが、TOEICのテストにこんな簡単な問題がでないなら、それを勉強してもTOEICのスコアアップになるのかということです。

 答えはもちろんYESです。自分のあったレベルのもので解き方のコツまたは英語力強化をしていかないと思うようにレベルは伸びません。

 ただ試験前に実際の難易度の模擬試験を何回かおこなう必要はあると思います。

今日の使える英語一言...「He's been on the wagon」(彼は禁酒中です」…実際よく使うかどうかは定かではありませんが米国ドラマ「Seinfeld」で「on the wagon」が「禁酒の状態」か「お酒を飲んでいる状態」かどっちの意味かを言い争っているエピソードを突然思い出したので載せてみました。
posted by Lara Lara at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

英語圏の文化を知って英語を上達させよう!

 今日はゆったりしてリラックスした一日でした。

 会計・簿記の勉強もしっかりできました。だんだん少しづつですが理解しつつあります。

 ところで皆さん「お笑い」は好きですか?

 私は大好きです。アンタッチャブルやフットボールアワーなんか面白いですよね。今年の年末のM-1を今から楽しみにしています。小さい頃からお笑いファンなのでフットボールアワーの岩尾は他のコンビで活動しているときから知っています。でも前のコンビ名が思い出せません。誰か知っていたら教えてくださいね。

 当然のことながらアメリカの「お笑い」も大好きです。映画「オースティンパワーズ」のような馬鹿っぽい笑いが大好きです。

 アメリカの人気コメディーショウ「Saturday Night Live」なんかも好きでDVDも持っています。これはトム・ハンクス、エディー・マーフィー、マイク・マイヤーズ、アダム・サンドラーなどのそうそうたるコメディアンが出演していた番組です。

 アメリカに留学している時、時々スタンダップコメディーをテレビで見ていました。
 続きを読む
posted by Lara Lara at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

私の単語増強法Part2−怠け者のみんなのために(For all the lazy people out there)ー

 怠け者の代表者として私のような人がどのように単語を増強したらいいかを教えます。


 膨大な単語は覚えれませんが少しずつなら確実に覚えれます。

 1.単語集・表現集の本で学習する。

 まずは受験で使うような単語本はだめです。絶対すぐ飽きます。

 なんか楽しそうなこれなら続けられそうかなというものを選んでください。

 これでなら完全に勉強できると思える本です。

続きを読む
posted by Lara Lara at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

私の単語増強法


 以前10月22日に紹介した本「1984年」を使って単語の勉強を昨日からスタートしました。

 i-podでpodcastの英語ニュースで単語を覚えようと思ったのですが、ニュースは右脳活性化のために使っていて、ニュースを映像化することに集中するためにこれで単語を覚えるのはやめました。

 分からない単語10個づつその単語が入っている文と英英辞典の定義と一緒に書きこんでいます。

続きを読む
posted by Lara Lara at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

いいボキャブラリーの本を見つけた♪♪

 こんばんは、せっかくの休日ですが、あいにくの雨ですね。

 昨日はOUTBACKというオーストラリアレストランに同僚と行きました。私はお肉が大好きでそこのレストランは大きいオジーステーキが食べれるのでいいですよ。

 このレストランはオーストラリア人からしてみるとアメリカ風らしいです。

 
 先週、これだ!というボキャブラリーの本をインターネットで見つけました。

 Linda Ward Beech著の「240 vocabulary words kids need to know」と言うアメリカ人の小学生向けのテキストです。

 最初見た時は「こんな小学生のテキストなんて」と馬鹿にしていたのですが。6年生用は分からない単語が結構ありました。

 少しショックでしたが、もともと語彙力がないと感じていたので気を取り直し、さっそく3年生・4年生用をアマゾンで購入しました。

 いろいろアクティビティーがあって単語の意味を知るだけではなく、使い方も楽しく学べるようになっています。

今日の使える英語一言...「It's pouring.」(大雨だね。)

posted by Lara Lara at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

アルクのヒアリングマラソン

 私は3年ほど前にアルクの1000時間ヒアリングマラソンを受講しました。

 怠け者の私でも面白くて途中であきらめず続けることが出来た唯一の教材です。

 中身は…

ヒアリングマラソンのマンスリーテキストとCD
English Journal(雑誌)
The Voice of EJのスクリプトテキストとCD

続きを読む
posted by Lara Lara at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

英英/英和辞書のススメ

 皆さんは単語を調べるとき英和/英英辞書どちらを使用しますか?

 私は両方です。しかし役に立つのは英英です。中級者以上の方は英英を使用することをおススメいたします。

 例えばドラマ「24」でよく出てくる"decoy"。この単語が分からないとします。

 英和で引くと最初に出てくるのが(名〉〈鳥をおびき寄せるための〉人工の鳥〔動物〕。次に(警察などの)おとり、おとりに使われるもの(人)

 英英で引くと1. someone or something used to trick someone into going where you want them to go so that you can catch them, attack them etc.
2. a model of a bird used to attract wild birds so than you can watch them or shoot them.

 英和/英英と出てくる順番が反対です。


続きを読む
posted by Lara Lara at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

映画(ドラマ)で英語を上達させよう!

 こんばんは、昨日はとても疲れてしまってブログに書き込むことができませんでした。

 皆さんはアメリカのドラマ「24」を見たことがありますか?

 今はシーズン4を見ていて、すごくスピード感がありいつもハラハラどきどきしながらみています。

 主人公ジャック・バウワー(Jack Bauer)を演じるキーファ・サザーランド(Kiefer Sutherland)はかっこいいですよね。私は15年前くらいから、熱狂的なファンではないですが好きでした。
 
 皆さん結構彼がアメリカ人と思っている人がいますが、彼はカナダ人です。そして生まれはイギリスです。

 彼のお父さんもドナルド・サザーランドと言う有名な俳優です。声なんか二人ともそっくりですよ。

 キーファ・サザーランドは15年くらい前にジュリア・ロバーツと婚約していたのを知っていますか?本当に結婚寸前だったのですが、彼にはもう一人彼女がいて、その彼女が付き合っていることを暴露してしまったので婚約破棄になってしまいました。

 それはともかくまだ「24」を見ていない方は絶対はまりますので、見てみてください。

 ドラマ(映画)は生きた英語を勉強するのに最適です。

 

続きを読む
posted by Lara Lara at 18:52| Comment(11) | TrackBack(1) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

音楽を楽しみながら英語を上達させよう!

 こんばんは。ここ何日か少しかたい話題だったので、今日は少し軽めで行きたいと思います。

 皆さん、音楽は好きですか?私は大好きです。歌うことも大好きです。

 洋楽は中学3年生から聴いています。昔はCDを買っては歌詞カードを覚え、よく歌っていました。色々な曲を丸暗記して(と言うか歌っているうちに自然に覚えたのですが)何回も歌っていたので、よく試験で英作文が出て、構文を忘れてしまった時、歌を思い出して答えを書いていました。

 歌は単語・構文を覚えるのにとても良いです。リズムよく英語を読む練習にもなりますよね。

 洋楽が好きな人は是非yahoo USAのホームページ( http://www.yahoo.com )の"Music"をクリックしてMusic Launchに行ってみて下さい。

続きを読む
posted by Lara Lara at 18:59| Comment(4) | TrackBack(1) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人の勉強方法

今日は職場で邦人教師のためのレッスンがありました。最近忙しかったので5ヶ月ぶりのレッスンでした。そこでなんとなく自分の英語で話す力が上がっているような気がしました。自分の意見を即座にまとめる力がついたと言ったほうが正確かもしれません。

 いままで英語で自分の意見を言うときはテキストで使われている単語を見ながらでないと意見がなかなか言えなかったのが、テキストを見ずに言えるようになっていました。

 英語力自体は実際そんなに上がっていません。しかし最近、外国人の同僚達と出かけたり外国人の友達と電話をしたりする機会が多いので、英語を話す機会がグンと増えています。しかもたわいもない話だけではなく結構こみあった話また政治についてなどを話しているので、それが理由だと思います。

 ここで1つお話したい事があります。それは話しているだけでは英語が上達しないと言うことです。
続きを読む
posted by Lara Lara at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。