2007年01月22日

Prison Break Season 2

こんばんは、また1週間が始まりました。

先週末は土日で生徒から借りたPrison Break Season 1を見終えてSeason 2をEpisode 13まで見ました。Season 2もなかなか面白いです。私はSeason 2の方が好きです。Season 2はScofieldたちが脱獄して逃亡するところから始まります。

Eragonの小説も順調に読み進んでいます。500ページ中90ページ読み終わり映画では始まってから30分くらいでしょうか。面白いので皆さんも読んでみてくださいね。
posted by Lara Lara at 23:18| Comment(42) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

タイトル変えました/24 season 6

すごく久しぶりにブログ更新しました。今までこのブログの名前は「英語学習日記ー英語を完全にものにするまで」でしたが、だんだん内容がタイトルにそぐわなくなったので変えました。

24 season 6がアメリカで1/14(日)から始まります。毎週コンピューターでダウンロードして見たいと思います。今回は前回死んだDavid Palmerの弟Wayneが大統領ででてきます。とても楽しみです。また夜更かしする日が増えそうです。

でも、字幕がないので、英語の勉強になるからいいですね。私は今、英検準1級のクラスを教えているのですがそこで習った単語がよく出てきます。

例えばbe at large「逃亡中」be at stake「危険な状況にある」など。 

またseason 6が始まったら、いろいろな表現を紹介したいと思います。


posted by Lara Lara at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

i-tunes American TV Shows

こんばんは。あついですね.

最近、ここ1週間、なぜか仕事が終わると体がつかれます。年でしょうか.はやくお盆休みにならないかな〜。

前にも書いたi-tunesでダウンロードした最新のアメリカのテレビから今はまっている番組を2個紹介したいと思います。

まず、一つは「Project Runway」です。Runwayとはファッションショーでモデルさんが歩く長い通路のことです。選ばれた15人のデザイナーが毎回、課題をだされ、それに基づいて服を作ります。

最初の課題は自分たちが寝泊まりするために用意されている部屋にあるもの(カーテンやベッドシーツなど)を使って、服を作ると言うものでした。みんなすごくきれいなドレスを作っていました。

2回目はこの前行われたMiss Universeに出るMiss Americaのためのドレスを作るのが課題でした。

毎回、一人脱落者がでて、最後に勝ち残ったデザイナーは服が雑誌「ELLE」に載り、INC(International Concept Design)でインターンシップで働け、10万ドル自分のお店を立ち上げるのに賞金としてもらえます。後は車もプレゼントされます。

司会者兼審査員はスーパーモデルのHeidi Klumで、他にも著名なデザイナーが審査します。ドレスの出来が悪いとかなりひどいことを言われます。

昔やっていた「ASAYAN」のような感じです。今、アメリカで放映されている最中で、水曜日にやっているので、毎週木曜日、仕事から帰ってくるとダウンロードできるので、毎週楽しみに見ています。

この番組のことを詳しく知りたい方は( http://www.bravotv.com/Project_Runway )へ。Rate the Runwayと言うところをクリックするとドレスが見れます。

もう一つのお気に入りは「Wild 'n' Out」というコメディー番組です。これは毎回Red Team/Black Teamとに分かれてコメディアンたちが、与えられた課題に対して即興で面白いことをいうバトル形式になっています。

ゲームの例を挙げると...
「Questions」各チームから一人づつステージに上がってお題(例えば今話題になっている有名人2人)が与えられ、会話を全て質問で成立させる。躊躇したり、疑問文で答えられなかったらアウト。
「R & Beef」観客が出したお題に対し即興で面白い歌を作り、歌う。
「Talking Spit」これは日本でもありますが、水を口に含んだ敵チームのメンバーをしゃべりで笑わせる。吐き出したら負け。
「Let me holla」きれいな女の人に対して面白い口説き文句を言う。
などなど、たくさん面白いゲームがあります。

でもわたしが一番好きなゲームは「WildStyle」というので、映画の「8mile」でやったようなラップのバトルです。コメディアンなのにちゃんと韻をふんでラップして、相手をおもしろおかしく中傷するのですごいなーと思ってしまいます。

毎回スペシャルゲストが出るのですが、さすがにラッパーがゲストだとすごいですね。即興ですごく長いラップを披露してくれます。Kanye West, Ying Yang Twins, Lil Johnなどが出ました。

最近はこんな感じでレンタルビデオを借りず、ダウンロードした番組ばかり見ています。

今日の英語一言...Jazz musicians are good at improvising. (ジャズミュージシャンは即興(演奏)が得意だ)
improviseが「即興で何かする」と言う意味です。ちなみに「Wild 'n' Out」などの即興コメディー番組は「improv comedy show」です。「improv」は「improvised」の略。


posted by Lara Lara at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

TOEICの結果

 もうすぐ梅雨があけそうですね.

またまた、怠けてしまいました。

5月末に受けたTOEICの結果が1ヶ月前にきました。

結果は980点でした。前回に比べ10点アップ。リスニングは495点、リーディングは485点でした。満点までにはあと10点でした。

TOEICはもう当分受けなくていいかな〜?

posted by Lara Lara at 18:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

World Cup Germany 2006

 こんばんは。

 ワールドカップ、日本は不調ですが、おもしろいですね。昨日のブラジル対オーストラリアを最後まで見たかったのですが、さすがに眠くなり前半戦でギブアップしました。後半戦がおもしろかったのに。

 前半戦を見て思ったのですが、ブラジルもあんまり調子が良くないような気がしませんか?特にロナウドはなんか切れがないように思えます。優勝できるのでしょうか?

 昨日は試合以外にFIFA100年の歴史のDVDも見ました。

 ワールドカップ、すっかりはまっています。今もこのブログに書き込みをしながらスイス対トーゴの試合見てます.

 他にはまっているものと言うか気に入っているのはアディダスのサッカーのCMです。しっていますか?

 男の子2人が退屈なのでサッカーをすることになるのですが、指名して参加する仲間がみんなスタープレーヤー。往年のスタ−選手ベッケンバウワーやプラティニなども指名されます。ベッケンバウワーが指名されて出てくる時の男の子の表情が可愛くてすごく気に入っています。一度皆さんもチェックして見てください( http://www.adidas.com/campaigns/verticalsfootball/content/index.asp?strCountry_adidascom=jp )

 22日のブラジル戦、ブラジルはもう決勝トーナメントに行くことが決まったので、主力選手は休ませ、ベンチの選手を起用するみたいですね。日本にもまだチャンスがあるかも。日本がんばれ!!

 今日の英語一言...「I'm addicted to World Cup games.」(ワールドカップにはまっています)

 私の生徒さんは今日、会社でプレゼンがありその準備で5:30起きだったらしいですが、昨日2:30まで試合見ていたみたいです。He's really addicted to it.
posted by Lara Lara at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

「24」season 5 めっちゃおもしろい!!!

 こんばんは、ワールドカップ、オーストラリアに逆転負けされましたね。残念。勝つことを信じていたのに。

 後半戦の最初までちょこちょこテレビをつけたり消したりチェックしていて「1−0で勝つな」と勝手に思い込みテレビを消して12:30頃テレビをつけたらなんかアナウンサーや岡田元監督の顔が暗い。まさかと思ったら3−1で負けていた。

 こうして逆転され日本中が落ち込んでいた頃、私は「24」season 5をドキドキハラハラしながら見ていました。今、4話まで見終わったところです。

 展開が早くてすごく最高におもしろい。

 今朝、i-tunes music storeからダウンロードしました。

 今朝は1話の半分まで見ていました。仕事に行くのを忘れるといけないのでちゃんと家を出る15分前にタイマーをかけました。

 最終的な身支度をしようと思ったら、ドラマに夢中になって洗濯物を干していないことに気づき、急いで干しました。

 1話目の最初でかなりの急展開だったので「今日は家にずっといて「24」見ていたい。。。」と一瞬思ったのですが、頑張って出掛けました。

 「24」Season 5はまだ日本でDVD発売されていないので、字幕がありません。

 でも今のところ問題なく聞き取れています。

 前のシーズンのものは字幕なしで見ようと思ってもよく分からなくて、英語の字幕でもついていくのが難しかったので日本語の字幕を出して見ていました。なんで理解できないんだろうとちょっと悔しい思いをしましたが、やはり全く字幕がないと思って聞けば、聞き取れるんですね。「人間ってやればできるんだ」と思ってしまいます。

 でも一字一句聞き漏らさず聞いているので、かなりの集中力が必要です。日本語だったらどんなに複雑なストーリーでもリラックスしながら理解できるのですが、英語はまだそんな風にはいきませんね。
posted by Lara Lara at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

アメリカのドラマ

こんばんは。暑いですね。

 昨日は休みだったので、ビデオを借りて見ました。「Prison Break」です。アメリカのドラマで皆さんもCMを見た事ありますよね。

 キャイ〜ンの天野や紗理奈がでてるCMです。「24」よりおもしろいと天野は言っていました。私の生徒の友達もそうだと言っていたらしく、私も見る事にしました.

 内容は優秀な建築家(structural engineer)のMichael Scofield が銀行強盗をして刑務所に送られました。その刑務所には彼の兄Lincolnも収容されていました。Lincolnは副大統領の兄弟殺しの罪で死刑宣告され残された命は1ヶ月。Michaelは兄の無実を信じて脱獄させるためにわざわざ罪を犯したのです。Michaelは収容された刑務所を設計した本人。いろいろ邪魔にあいながらも試行錯誤しながら脱出経路を確保していきます。

 もし比べるなら、私は「24」の方が面白いと思いますが、「Prison Break」もすごく面白いです。

 最近、アメリカのドラマにはまっていて、アマゾンで「Fresh Prince」や「In Living Color」などのDVDを買って見ています。

 「Fresh Prince」はWill SmithがまだFresh Priceと言うラッパーだったときにやっていた大人気のドラマです。

 かつてWill SmithはDJ Jazzy Jeff and Fresh PrinceというデュオでGrammy Award(グラミー賞)を取ったこともあります。Fresh Priceというあだ名はWill Smithが高校の時からのあだ名だそうです。

 「In Living Color」は言うなれば「ダウンタウンのごっつええ感じ」(ちょっと古いですね。今だと「はねるのとびら」でしょうか)のアメリカ版。

 Jim Carrey(この番組に出演していた時はJames Carrey)や「Ray」のJamie Foxxなどがでています。

 3人とも今では押しも押されもせぬハリウッドスターになってしまいましたね。

posted by Lara Lara at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

TOEICテスト

 こんばんは。

新TOEICテスト受けました。

できはどうでしょうか。まあまあです。

リスニングは模擬テストより簡単でした。新しくなるので心配だったPart3も難しい会話文は出ませんでした。

Part4の最後のナレーションだけ難しかったです。

Part2は「質問の中の同じ単語、音が似た単語が選択肢に出てきたらその選択肢はほぼ引っかけで誤答。なるべく音がかけ離れた選択肢を選ぶと正解の確率が高い」と言うパターンの問題が多かったです。後は「質問に「or」があると返答は「yes/no」で答えない」というパターンですが、今回のテストでは選択肢の2つがyesから始まる文だったので答えがすぐわかりました。


リーディングはPart7の長文問題はハードだったような気がします。

文章が長かったです。少し焦って解いてしまったので、もう少し見直しをすれば良かったです。20分余ったのですが、なぜかPart5/6をしっかり見直してしまいPart7はそんなに見直せませんでした。

目標の950点以上取れるかはどうかはなんとも言えません。

それにしても土曜日の夜は12時前に寝て8時間しっかり寝たのに、なぜか試験前、眠くて頭がポーっとしていました。

そんなに頭が働かないときなど普段でも全然ないのに「何でこんなときに限って!」と思っていました。

頭に酸素を入れるためあくびをするたびに大きく息を吸っていました。

でも、まあ試験が始まったら集中できたのでよかったです。

結果がどうであれ、1ヶ月後結果を見るのが楽しみです。
posted by Lara Lara at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

TOEICの勉強

 こんばんは。今TOEICの模試のリーディングを終えました。リスニングも合わせてまたもや930点でした。

 TOEIC公式模試のテキストも買って先週やったのですが、それは920〜975点の間でした。正解率としては公式模試の方が断然よかったです。

 公式模試の方が他の出版社のものより簡単なので、本番もそうなるよう期待してます。

 今日のが3回目の模試だけあって、リーディングは結構余裕を持って解いて16分余ったので心に余裕ができました。

 リーディングの速度があがったのは、また洋書を読み始めたと言う事もあると思います。TOEICの勉強をし始めた頃は全然洋書を読んでいなくて、速く読む感覚がなかなかつかめませんでした。

 今はMichael Crichton著「State of Fear」を読んでいます。環境テロリストが大惨事を引き起こすのを何人かの人が止めようとする話です.

 あまり興味を引かない内容でしたがAmazon.co.jpでベストセラーになっていたので買いました。最初、読み始めたときは正直言ってなんでこんなの買ったんだろうと思いながら読んでいましたが、global warming(地球温暖化)に関しての興味深いデータなどがあり、いまでは夢中で読んでいます。今、3分の2読み終わりました。

 先日、仕事帰りの電車の中で読んでいたら、隣のおじさんが「僕もこれ読んでるよ」と話しかけられました。どこを読んでいるか尋ねたら、ちょうどその日の朝読んでいたところを読んでいました。こんな偶然もあるんですね。

 まあ、とにかく今度の日曜日のTOEIC頑張ります.

今日の使える英語一言...「Speak of the devil」(噂をすれば影がさす)

 
posted by Lara Lara at 00:56| Comment(18) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

待ちに待ったゴールデンウィーク

  こんばんは。

  今日は仕事がありましたが、明日からゴールデンウィーク。かなり疲れがたまっているので、ゆっくりしたいと思います.

  TOEICの勉強も頑張ってします。

  昨日「Brave New World」を読み終えました.自分が思い描いていたエンディングとかなり違ったので、最後はなんかもの足りませんでしたが、全体的には面白かったです.

  今朝からMichael Chrichton著の「State of Fear」を読んでいます.まだ20ページほどしか読んでいませんが、環境破壊をテーマにしたサスペンスで、ベストセラーなのでアマゾンで購入してみました.ベストセラーは一般大衆向けなので英語が比較的シンプルです.TOEICの長文対策のために読んでいます.

  TOEICの問題を解きまくるというのもテストにはいいと思うのですが、どうしてもTOEICのスコアを取るためではなく、英語力アップのためになることをしたいので、模試をもう一回、家で行う他は使える英語を身につけるための勉強をしていきたいです。

  それがTOEICにつながるといいな。

  ゴールデンウィークに行いたい勉強:

1.DHC通信講座Book 3を終了し添削のテストを受ける.
2.TOEICの模試をする
3.毎日、UC Berkeleyの講義を見る
4.CNNニュースを聞く

  今から、言語学の講義を聴きたいと思います.



posted by Lara Lara at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

TOEICの勉強

  こんばんは。

  昨日、日曜日買ったTOEICの実力診断模試をしました。

  結果は930点。L:455/R475でした。リスニングが全然だめです。。。

  本番でもないのにいい点数を取らなくてはというプレッシャーを勝手に感じて設問を読んでも全然頭に入らない。

  後、Part3の会話が長くなり、1つの会話に対して3問とかなくてはいけないのでなんかめちゃくちゃでした。

  反対に心配していたリーディングの方は落ち着いて問題を解く事ができました。

  でも現リーディング問題より遥かに時間が足らないです.前の経験でいくと、このペースで問題を解くと20分は余ったのに、今回は(電話が鳴って席を外したり、消しゴムを取りに行ったりしたのもありますが)全て解き終わったときには後7分しかありませんでした。

  火曜日の夕方、やはりまた模試をしなくてはと思い、本屋に新たな模試を買いに行きました。

  これはゴールデンウィークにやりたいと思います。

  昨日はそれに加えて、「Harry Potter and the Goblet of Fire」を字幕なしで見ました.最初のクイディッチのワールドカップの映像はとても綺麗でした。

  今日は、UC Berkleyの言語学の2回目の講義をネットで見ました.後は中断していた本「Brave New World」を再開しました.と言ってもかなり読んでいなかったのでまた最初から読んでいます。
posted by Lara Lara at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

今日の勉強

  こんばんは。

  昨日はかなり久しぶりに1日中勉強をしていたので、頭が冴えて寝つきが悪かったです。こんなの何年ぶりでしょうか。

  今日は仕事だったので、勉強と言う勉強はしていません。

  でも昼休みご飯を食べながらCNNのニュースをずっと聞いていました。

  そこで学んだ単語は:
square off...議論するために準備をする
run-off...最初の選挙(競争)で決着がつかなかった時にする2回目の選挙(競争)
estranged wife...別居中の妻
hit rock bottom...どん底の状態にまで落ちる。この表現は給油価格が高騰して、それでも何も対応してくれないブッシュ政権に対して「これ以上悪化しようがないと言う状態までほっとくのか」と市民が非難するのに使用されていました。

  i-podのリピート機能を使用して同じ4分の番組を5回くらい聞いてから次の番組に行くと、内容も隅々まで理解できて単語も頭に入り易いです。

  ほかにはDHCの通信講座を1チャプター勉強しました。

  明日はお休みなので、昨日買ったTOEIC模試を本番のように時間を計って解きたいと思います。
posted by Lara Lara at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

5月28日の新TOEICテスト

 またまた久しぶりの更新です。一回ブログやめてしまうと、再開するのが大変ですね.今度こそは続けれるよう頑張ります.

 さて5月28日にTOEICを受けます.私のブログに970点取得と書いてありますが、あれはかれこれ6年くらい前に取ったもの.

 TOEICのクラスを教えているのにそれ以来受けたことないんです.だめですね.

 今回は新しくなるという事でさすがにこれは受けないといけないとだめだろうと思い、申し込みました.

 新TOEICは;
1、Part1の問題が20問から10問に変更
2、Part3の会話文が長くなり、1つの会話に対して3問答えなくてはいけなくなる
3、Part4の問題が10問増える
4、リスニングが今まですべてアメリカ英語だったのに対してイギリス、オーストラリア、ニュー  ジーランド英語の追加される
5、Part6の正誤問題がなくなり長文穴埋め問題になる(Part5の形式とそんなに変わらない)
6、Part7はPart6の問題数が減るかわりに8問増える.
7、更にPart7は従来の長文に加え、2つの長文を読んで質問に答える問題が新しく出題される

 テストまでもう残すところ1ヶ月と少しという事を昨日気づきました。TOEICの前に特別な勉強をした事がないのですが、昨日「900点を目指してる」と言ったら、うちの学校のマネージャーから「950点以上は取ってもらわないと」とプレッシャーをかけられ、さすがに勉強しなくてはと思い、今日、新TOEIC Test実力診断模試(語研)を買ってきました.

 まだこの問題集はやっていませんが、今日は一日中英語の勉強をしていました。

午前中はDHC通信教育の英文ライティングコース「日英スタンダードコース」
  これは12月に始めたコースですが、引っ越しやら何やらで忙しく今日6冊のテキストの2冊目をやっと終え、添削のテストも終えました.

午後はインターネットでカリフォルニア大学バークレー校のLinguistics(言語学)の講義を見ました.
  いろいろな講義が無料で見たり、聴けたりするのでいいですよ。
http://webcast.berkeley.edu/ )

後は米国の名門スタンフォード大学のセミナーを一つ選んで聴きました(約1時間).
  私が聞いたのは「Why don't zebras get ulcers?」です。これはストレスと我々の体の関係でとても興味深かったです.
( http://itunes.stanford.edu/ )

他には散歩をしながらi-podでCNNのニュースを聞いていました.

 英検1級を5年前(だったかな?)に取って以来テストというものから離れていたので、950点以上取るのは結構プレッシャーです.なにが心配って集中力が続くかどうかが一番心配です。

 明日はどんな勉強しようかな?

今日の使える英語一言...「You can level with me」(私には本当の事言っていいよ.」
posted by Lara Lara at 22:49| Comment(17) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

久しぶりの更新

 皆さん、お久しぶりです。

今年に入って、いろいろ忙しくなり全然更新できていませんでした。2月に引越しをして、まだ新居にはインターネットがないので今は実家のコンピュータを使っています。

3月末に私のマンションでもインターネットができるようになるので、そうしたら、また前のようにブログを定期的に更新していきたいと思います。

忙しいこともあって、英語の勉強はまったくと言っていいほどしていません(反省)。学校でもすごく忙しいのでネイティブの同僚ともほとんど話ができずじまいです。

唯一、自分の英語の勉強のため行っていることと言えば雑誌「Newsweek」を読むことです。

「Newsweek」は昔、通っていた通訳学校で時々その中の記事を使用していたのですが、とても難しい印象がありました。

でも、実際読んでみたら、「TIME」より面白い記事が多く、飽きずに読むことができます。

落ち着くまで、「Newsweek」を読んで英語を勉強していきたいと思います。

今日の使える英語一言…「Bless you.」(お大事に)...誰かがくしゃみをした時に言います。
posted by Lara Lara at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

Newsweek

 こんばんは。今日は時間がたつのが早かった。昼の12時に出勤して今日はコンピューターに向かってずっと仕事だったのですが、すごく集中していたので気づいたら4時になっていました。

 でも最後の1時間は眠くコンピュータのスクリーンをなにかやっているように見せかけて眺めていたら、上司から「おっ、大丈夫か?」と言われてしまいました。でも笑っていたのでこちらも「大丈夫です」と笑顔で答えておきました。

 DHCのコースの特典としてNewsweekが何ヶ月か無料で購読できるようになりました。前はTIMEを3年ほど購読していました。

 雑誌は今世界で起こっていることが英語で読めるのでいいです。少し今読んでいる本を中断して電車で読みたいと思います。

 もう2冊来ていますが、まだ少ししか読んでいません。最初の号は「How much should he(Bush) have?」というのが特集なので興味を持って読めそうです。

今日の使える英語一言...「He's a penny pincher」(彼は倹約家です)
posted by Lara Lara at 23:46| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

DHC「英日ライティング スタンダードコース」の解答がもどってきました。

 本当に久しぶりにブログを更新します。

 先週の金曜日に「英日ライティング スタンダードコース」の答案が添削されて戻ってきました。200点中188点でした。190点が目標だったので少し残念でしたが、しかし一番最後の難しかった英訳は満点だったので、満足です。

 添削は他の紙に丁寧にタイプして書かれてありました。

 私が書いた質問の返事も返ってきました。
私の質問は:
"Using simple words:make, use, and cause"
I understand we need to use simple words to be succinct, but English is the language that doesn't like using the same word over and over in a passage.
If I translate a business document where I have to use the word "cause", for instance, many times, do I have to use the word every time, or can I use another words like "result in" and "give rise to" as well?
(ビジネス文書では簡潔をきすため簡単な単語を使いますが、英語は繰り返しを嫌う言語です。もしビジネス文書の中に"cause"をたくさん使わなくてはいけない箇所が出てきたら、ずっとそのまま同じ単語を使った方がいいですか?それとも他の言葉で言い換えしてもいいですか?)という内容のものでした。

答えは「確かに小説、詩や他のCreative Writingなどでは同じ意味の違う言葉を使う事が必要ですが、技術やビジネス文書では簡潔で分かりやすいということが大事なので同じ単語を何回でも使ってよい」ということでした。

 来週からBook1を復習してBook2に入りたいと思います。

今日の使える英語一言...「I sleep in on weekend」(週末は遅くまで寝る)
posted by Lara Lara at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

3連休

 こんにちは。お久しぶりです。最近少しブログサボっていました。

 日曜、今日、明日と3連休です。でも特に何をやると言うことなくすごしています。

 土曜日の夜は久しぶりにボクシング(1時間)に行きました。1月から初級・中級と別れてしまい、我々が行ける時間は中級なので、大変です。

 その後ステップエアロのクラス(1時間)があったのでそれもついでに受けてきました。それも中級で私がいつもやっているクラスは初級なのでこれまた大変。いまでもふくらはぎすごい筋肉痛です。

 でも今日も頑張って初級ステップエアロ90分のクラスに行きました。

 昨日はだんなさんと1日中「電車男」のドラマ版のDVDを見ていました。すごく笑えて面白かったです。それにしても主演の伊藤美咲きれいですね。電車男の方は昔「ちびノリダー」の子でした。
posted by Lara Lara at 18:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

NHKラジオ英語講座

 こんにちは。久しぶりの更新です。

 インターネットをKDDIの普通の光から光プラスに契約を今日変えました。なんか前より速度早くてうれしいです。

 今日から冬休み。いっぱい勉強する時間があるのですが、今のところテレビを見ているだけです。

 いつも朝見ているテレビ番組「なるとも」に漫才のブラックマヨネーズがゲストで出ていました。いつもはその番組のレポーターとして出演しているのですが、M-1グランプリで優勝したので今回はゲストでした。

 M-1グランプリ皆さんは見ましたか?ブラックマヨネーズすごく面白かったですよね。妹のためにビデオにとったので、何回も見ています。私は個人的に麒麟を応援していたのですが3位で残念でした。ちなみに麒麟も「なるとも」に出演しています。

 最近本当に英語の勉強をしていません。洋書を読むくらいです。でも読書はただの趣味なので、勉強には入りませんよね。

 実はNHKラジオ英会話をまたはじめたいのですが、まず私のマンションはAMラジオの音が悪い、しかも放送時間は仕事をしているので、録音をすればいいのですが、なかなか聞けません。

 でもラジオ講座は本当にいいと思います。私は講座を聞いていたおかげで英語だけでなく英語圏の文化などを学ぶことができました。

 聞き始めたのは基礎英語。中1のときでした。母親のすすめで聞き始めました。しかし当時の基礎英語はまじめでつまらなくあまり興味が持てませんでした。よく時間になっても忘れたふりをしていたのですが、母親が「時間だよ」と毎回欠かさず私の部屋まで呼びに来てくれるのでしょうがなくいやいや聞いていました。

 そのうち母親が私に感化されて(?)大杉先生のラジオ英会話を聞き始めるようになりました。こちらの方はとても面白く最初はただ聞いていただけですが、中2になるとテキストを買って毎日勉強をするようになりました。

 最初は会話のリピートをするのもポーズが短くいつも間に合いませんでした。その講座では2文使えそうな表現をピックアップしその構文を使って違う文章を作ることにチャレンジするコーナーが最後にあり、中学生の頃は全く文章が作れなかったものの高校2・3年になるとそれなりに言えるようになり、またリピートもポーズの間に2回くらいリピートができるようになりました。

 大学のときも毎日ではありませんがちょくちょくと聞いていたような気がします。

 社会人になってからは途切れ途切れですが「ラジオ英会話」「やさしいビジネス英会話」を聞いていました。

 「やさしいビジネス英会話」ではアメリカのビジネスについて学ぶことができました。最近ただの「ビジネス英会話」になりました。リスナーの「全然やさしくないじゃないか」という声が多かったのではないでしょうか。よく生徒の方からも「あれ全然やさしくないですよね。」と言われた覚えがあります。

 そのとき私はいつも「あれは英語のことを言っているというよりは内容のことを指しているのだと思います」と答えていました。

 例えば高校生のようなビジネスを知らない子もあの講座の内容は興味を持つかどうかは別としてちゃんと理解できると思います。

 それに確かに英語そのものは難しいですが、あのレベルの英語を理解し、ある程度使いこなせなければ英語でビジネスはできないと思います。

ラジオ講座はレベル・スキル別に細かく分かれていますので目的にあった英語を楽しく身につけることができます。皆さんも来年の1月から始めてみてはいかがですか?

今日の使える英語一言...「Oh,man!」(あーあ)…感嘆を表す表現です。
posted by Lara Lara at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

この前のメール

 こんばんは、すごい雪ですね。今日は雪のためあまり生徒の方が来ませんでした。

 今日は7クラスのはずが、結局4クラスしかありませんでした。

 レッスン後は電車が止まるといけないので早く帰らなくてはいけないのですが、夕方、前私の生徒だった方が会社が近くと言う事もありわざわざ雪の中ケーキとシャンメリーを持ってきてくれたので、それを皆で食べました。その生徒の方はちゃんとケーキを予約して持ってきてくれました。すごくおいしかったので結構な値段だったのではないでしょうか。本当に感謝しています。

 このケーキをもらったときにオーストラリア人の同僚がケーキの箱の中のろうそくを見て、「イエス(・キリスト)の誕生日だからろうそくがあるんだね」と言っていました。私が「そんなことすっかり忘れてた」と言ったら、彼女は笑って「オーストラリアでもほとんどの人が忘れているよ」と言っていました。

 なので、食べるときはちゃんとろうそくを立て「Happy Birthday, Jesus!」と歌ってから食べました。


 「Digital Fortress」を読み終わったので、今日、日本人の同僚に返しました。オーストラリア人の同僚もそれを読み始めたそうです。

 そこで話しているときに「The Da Vinci Code」が、もうすぐTom Hanks主演で映画化されるという話になりました。同僚によると映画では熱心な信者のことを考えストーリーの宗教色を弱くすると言うのですが、そんなことしたらストーリーの中心部を取ることになるので、どんな作品になることやら。


 今週の火曜日あるメールが来ました。私は前ネイティブの人のコロンの使い方が間違っているのを発見できたとこのブログに書きましたが、その人に間違いの指摘をしたメールを書きその先生からの返事でした。

 感謝のメールでした。よかった、怒っていなくて。けっこう外国人が間違いを指摘すると失礼かな〜と思いながら、かなり気を使って言い方を考え、オーストラリア人の同僚にもみせて、送ったメールでした。しかも私は会ったこともなく、話したこともない先生だったのでメールを書くのをやめようかとも思ったのですが、勇気を出して指摘してよかった。

 メールの中で「間違い」の英訳は「mistake/error」ではなく「typo」(タイプミス)としました。

 最初、間違いの指摘を知らせるときに「I hope you don't mind if I bring these (errors) to your attention」くらい丁寧な方がいいのかなと思いましたが、同僚が「I wish to bring these to your attention」の方がいいと直されました。

 丁寧な方がいいんじゃないのかと言ったのですが、「ビジネスライクに簡潔に書かなくてはだめ。むこうもちゃんとそこらへんをわきまえているなら理解するはず。しかも間違えを指摘してくれて感謝すべき」と言われたので、納得しました。

 はあ〜、まだまだ学ぶべきことがたくさんですね。でも実際使うと頭をすごく使う分頭によく残りますね。

今日の使える英語一言...「He's a loser.」(彼は負け犬だよ)…英語では「負ける人」といいます。
 
posted by Lara Lara at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

言語の周波数

 こんばんは、日曜日はすごい雪でしたね。昨日、今日と雪は降っていませんが家から地下鉄の道がまだ凍っていて、仕方なく雪のない車道を歩いていきました。あそこは日当たりが悪いから溶けるのはいつになることやら。

 今日はオフィスで仕事をしていました。FAXの調子が悪くジーっというような変な音を出していたので、一人の先生が「あのFAXうるさい」と言っていました。私はその先生が言うまで、全然気づかず、その音が聞こえてもあまり気になりませんでした。他にも特に気にしている人はいませんでした。

 この時ふと思ったのが、こういう機械の音は高い周波数なのかなと。

 日本語の周波数はとてもせまく、低い周波数を使うと言われています。反対に英語は使用している周波数がとても広く高い周波数まで使います。

 その先生はアメリカ生活の長いバイリンガルの先生なので、あの音が気になったのではないでしょうか?

 そういえば、前、私の学校のオーストラリア人の同僚が古い電気をさして「あの電気の音がうるさい」と何度か文句を言っていたことがありました。

 私と他の日本人の同僚には全く聞こえず、耳を澄まさないと聞こえないので、そこでは「そう?」と軽くながしました。

 ところが、1ヶ月くらいたった後、臨時でアメリカ人の先生が学校に来たときに電気の音が気になると同じことを言いました。

 きっと日本人には聞こえないけれど、英語圏の人には聞こえる音があるんですね。

 なんかとても興味深いです。

 こんな私でもテレビがビデオの入力画面になっている場合は、それを感じ取ることはできます。

 それはいつも同僚にどうしてついてるって分かるのと驚かれますが。

 学生時代は校内放送のスピーカーが誰かが消し忘れてオンになったままだとそばにいなくても電源が入っているのがわかりました。

 でもこれは言語の周波数とはあまり関係のないような気がします。

 私は高校生のとき合唱部に入っていました。毎日毎日練習をしていました。

 クラシックは高い周波数です。ですので、テレビがつけっぱなしの高音の音が聞き取れるようになったのかなと思います(確かではありませんが)。

 私の部活の顧問の先生は校内放送のスピーカーの消し忘れがあると、うるさくてしょうがないらしく「なんだこれ、消せ」と耳をよくふさいでいたそうです。

 私もリスニングがもっともっと良くなれば、いろんな電気のノイズがうるさく聞こえてくるのかな?

今日の使える英語一言...「I'm bored to death.」(死ぬほど退屈)
posted by Lara Lara at 22:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。