2007年01月14日

The movie, Eragon

こんばんは。
今日は映画「エラゴン」を見に行きました。特に期待せずに見たら、すごく面白かったです。The Lord of the Ringsのような感じでした。

Eragon役のEd Speleers君はかっこ良かったです。イギリス生まれの18歳です。悪役のKing Galbatorixはアメリカ人俳優のJohn Malkovichが演じていました。
ディズニー映画など普通ヒーローはアメリカ英語で悪役がイギリス英語を話す場合が多かったのでちょっぴり新鮮でした。

原作はもともと3部作(trilogy)の小説らしいので原書を買って読んでみようかな〜と思います。

今日はこのEragonで使われた表現を紹介します。
EragonはMurtaghという男の子に2回も命を救われ、その後今度はEragonがMurtaghの命を救ったときにMurtaghが言った言葉。「I guess we're even.」
これは「これで貸し借りゼロだな」という意味です。Evenは「貸し借りのない」と言う意味。

「Even」を使った表現
I'll get even with you! こちらはひどいことをされた相手に「お前に仕返ししてやる!」仕返しをすることで貸し借りなしにする。
even numberは「偶数」
posted by Lara Lara at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画・洋楽・洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイトル変えました/24 season 6

すごく久しぶりにブログ更新しました。今までこのブログの名前は「英語学習日記ー英語を完全にものにするまで」でしたが、だんだん内容がタイトルにそぐわなくなったので変えました。

24 season 6がアメリカで1/14(日)から始まります。毎週コンピューターでダウンロードして見たいと思います。今回は前回死んだDavid Palmerの弟Wayneが大統領ででてきます。とても楽しみです。また夜更かしする日が増えそうです。

でも、字幕がないので、英語の勉強になるからいいですね。私は今、英検準1級のクラスを教えているのですがそこで習った単語がよく出てきます。

例えばbe at large「逃亡中」be at stake「危険な状況にある」など。 

またseason 6が始まったら、いろいろな表現を紹介したいと思います。


posted by Lara Lara at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。